東急プラザ渋谷@6F もしも食堂
開催期間:
20221118日(金)〜2023331日(金)

“音楽界のグルメ通”
ホフディラン・小宮山 雄飛氏と
コラボレーション!
カレーマニアも唸る!
現地でしか食べられない地方の名店の
味が
東急プラザ渋谷に集結

「東急プラザ渋谷」(東京都渋谷区)6階「もしも食堂」にて、全国のカレー名店を集めた「もしも食堂~WORLD CURRY FESTA(ワールドカレーフェスタ)~」を、2022年11月18日(金)から2023年3月31日(金)まで開催!
これまで数々のカレーを食べ歩き、カレーレシピの執筆や南インドの家庭料理の出店するなど、音楽界屈指のカレーマニアとして知られる小宮山雄飛氏が、⼀度は⾷べてみたいけど、なかなか⾷べに⾏くことができない地方の名店・4店舗を厳選しました。

小宮山

小宮山雄飛(ホフディラン)

学生時代からカレーにハマって、東京の美味しいカレー屋さんを食べ歩き、老舗の名店はもちろん、気になる新店も日々チェックしてきました。
そんな僕がここ数年気になっていたのが、地方の名店。
それも北海道のスープカレーや門司港の焼きカレーといった、いわゆる「ご当地カレー」ではなく、地方にある世界のカレー!
東京からなかなか足を運べない場所に、劇ウマカレーの名店が点在しているのです。

富山の射水にはパキスタンの人のコミュニティがあり、パキスタンの人がパキスタンの人に向けて出している、”ガチ”なパキスタンカレーを味わえます。
ザイカはその中でも超有名店、レジェンドシェフであるサキさんの作る本場のカレーは、全国のカレーマニアが電車と車を乗り継いで食べに行くほど。

埼玉は大宮の紅茶屋さんは、大宮駅からバスで10分、さらに歩いて10分ほどかかる完全な住宅地にあり、文字通りこのお店だけを目指して行く場所。
しかもスリランカ料理教室もやっている加地先生が、全て手作りでおもてなしの精神でお作りになっているので、1日5名限定お昼のみという、これまたハードルの高さ!
しかし、そのハードルを越えられれば、極上のスリランカカレーを味わえるのです。

芦屋のバーンタイは、これまた芦屋の住宅街にひっそりと佇む人気店。
そこだけ突然アジアのリゾートのような素敵な店内で出されるカレーは、彩りもきれいな生の野菜とハーブを使った絶品のタイカレー。
兵庫でタイカレーといったらここ!と言われる有名店です。

そんな、パキスタン、スリランカ、タイのいずれも名店ながら、なかなか東京からは行きづらかったお店の味を、我がホームタウン渋谷に集結しました!
そして、地元からは我がレモンライス東京のレモンライスがお出迎え。

東京の中心、渋谷の駅前で、日本中から集まった絶品カレーをぜひ味わってください。

日本のカレー界を牽引する
5人の専門家から応援コメント

東京カリ〜番長・リーダー 伊東 盛氏

東京カリ〜番長・リーダー
伊東 盛氏

カレーが大好きで、カレー「FUN」を名乗るミュージシャンは数多くいれど、小宮山くんほど守備範囲が広く、マニアックなカレーの「のうみそ」を持ってる人はいないと思う。このラインナップは、常日頃からカレーの「極楽はどこだ」と探し回ってるが故のチョイスに違いない。チョイスの「信号」無視は「恋はいつも幻のように」カレーを遠くさらって行く。
「生まれ変わり続ける僕たち」は、選ぶカレーだって変わり続けるはず。
「風の誘いで」思い出したんだ、僕の好きなカレー屋は、そこにあったんだ、って…。
あー、今夜はレモンライスでも食べながら、ユウヒビールでも呑もうかしら?
WORLD CURRY FESTAで出会ったカレーの味は「また逢う日まで」憶えておこう。「病に臥して」も憶えておこう。

一条 もんこ氏

一条 もんこ氏

カレーのためだけに足を運んでも行きたい、各地の名店がなんと渋谷に大集結!よくぞいらしてくださいました。
時間をかけて行かなければ食べられなかったあのカレーが、一度に堪能できる奇跡的なイベントです‼︎奥深いスパイスとカレーの世界にどっぷり浸ってください!

横濱カレーミュージアム初代名誉館長 小野 員裕氏

横濱カレーミュージアム
初代名誉館長
小野 員裕氏

常に行列、数量限定、予約なしでは食べられないエスニックカレーの地方の人気店が、東急プラザ渋谷「もしも食堂」に集結した。なんてったってカレーに造詣の深いミュージシャン、小宮山雄飛さんが情熱で口説き落とした名店ばかり。そのカレー愛が炸裂するマジカルワールドを堪能しよう。

カレーおじさん\(^o^)/

カレーおじさん\(^o^)/

渋谷で全国の名店の味が一堂に会す「もしも食堂」スタート! 僕も大好きな「紅茶屋さん」、「レモンライス東京」、気になっている「バーンタイ」、そして日本一パキスタン料理レベルの高い富山県射水市周辺の通称イミズスタンからは「ザイカ」が!
東京からわざわざ食べに行ったあの美味しさをまた東京で食べられるという幸福!
とても楽しみな企画です。スパイスカレー隆盛の昨今ですが、スパイスカレーにも影響を与えた現地料理の素晴らしさをこの機会に堪能してください\(^o^)/

ミーツ・リージョナル編集長 松尾 修平氏

ミーツ・リージョナル編集長
松尾 修平氏

神戸でタイカレーといえば、まずバーンタイ 。グリーン&レッドは店の看板…って、想像したらもう神戸が恋しいです。

NEXT

1月25日(水)から、
カレーが入れ替わります。
SEASON 2もお楽しみに!